ネットでの店舗集客ポイント〜売上3倍にしたコツとウェブ活用方法

ネットを使った店舗集客のポイント〜売上3倍にしたコツとネットの活用方法

カフェ女性

これまで地域に根ざしたローカルビジネスや店舗では、オフラインのみでの集客が可能でした。とくに地方ではその傾向が顕著で、人からの紹介をはじめチラシやポスティング、クーポン誌や野立看板などを上手く活用すれば、ネットを使わずに集客することができたのです。

しかし、今はどうでしょう。以前のように、オフラインだけに頼って集客を行ってきた事業者様は軒並み苦戦しております。昨今のコロナ禍により、人々の行動傾向がガラッと変化してしまったからです。

不要不急の外出を控えることで、これまでのように気軽に知人と会ったり、当てもなく外を出歩いたりすることが難しくなってきています。そのことにより今まではITが苦手でネットとは無縁だったという方も、ネットを使わざるを得ない状況になってしまったのです。

過去にはテレワークやオンライン会議、ネット通販を毛嫌いしていたのに、今では当たり前という方も多いのではないでしょうか。なぜならIT音痴を自称していた方たちも、実際にネットを使いはじめてみるとめちゃくちゃ便利なことに気付いてしまったからです。

あなたの周りにもそのような方がいらっしゃいませんか?

便利なことを覚えてしまった以上、人はもう過去に戻ることはありません。

このように過去には必要なかったネットを使った集客も、これからの時代を生き抜く必須要件となってきました。

このページをご覧の方は、このような状況に危機感を抱いていることでしょう。ですので、今回は店舗やローカルビジネスがネットで集客するための方法の紹介させていただきます。

集客する前に気をつけたいこと

ネットで集客する際には、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。これを怠ると「ネットで集客なんかしなければ良かった」と嘆くような出来事がいくつも起きてしまうかもしれません。

実際に「ネットから来たお客様は質が悪くて本当に嫌だ。何とかなりませんか?」と私のところに相談に来られる方も一定数いらっしゃいます。そうならないためにも、まずは次にお伝えする2つのことを意識するようにしましょう。

相性の良い顧客に選ばれるための条件を整える

店舗

「ご機嫌でビジネスを営みたい。」

もしあなたがそう思うなら、あなたと相性の良いお客様を多く集める必要があります。ネットは不特定多数の方に見られる媒体です。ここで発信する情報を間違えると相性の悪いお客様がどんどん増えていってしまいます。

「売上が上がればそれでいい」という考えもあるかもしれませんが、それは望ましくありません。なぜなら安定してビジネスを続けるためには、顧客との関係性を長く維持することが大切だからです。

無理をすると精神的なストレスばかりが増えてしまいますし、仮に短期的には我慢することができたとしても、長く続けるのは困難です。

競合店舗と、商品、サービスの違いを明確にすることがポイント

相性の合わないお客様ばかりが増えてしまうのは、以下のことが原因となっている可能性があります。

  • 「誰でもいいから来てください」と万人受けを狙う
  • 本来のあなたとは違う性質の競合相手をマネしている

では、相性の良い顧客に選ばれるためにはどうすれば良いのでしょうか?

消費者にとってネットの良い点は「離れた場所から情報をじっくり見比べることができる」こと。ネットならオフラインのように無理なセールスをされる心配がないので、押しに弱い人でも安心して活用することができるのです。

またオンラインでは消費者自身が「自分と相性の良いお店はどこか?」と探してくれるので、あなたの個性をしっかりと伝える必要があります。そうすることで、相性の良いお客様があなたに魅力を感じ「ちょっと遠くても行ってみようかな?」という気分になってくれるのです。今まではどこでもいいと思っていたお客様も「このお店に行ってみたい!」とあなたのお店を選んでくれる可能性も大いにあります。

だから「こんなふうにしたら誰かには好かれないかもしれない。嫌われちゃうかもしれない。」と恐れて、あなたの個性を隠してしまう必要はありません。

相性の良い顧客に選ばれたいのであれば、あなたの個性をしっかりと伝えることが大切なのです。

店舗・ローカルビジネスの集客を効率的に行うために

ひとことで集客と言っても「新規顧客の獲得」と「リピート顧客を増やす」のでは性質が異なります。この2つを一緒にやろうとしてしまうと施策が混乱してしまい「何をやったらいいかわからない」となりがちです。

新規なのかリピートなのかを分けて考えることで、集客の施策アイディアもスッキリと出しやすくなります。

新規顧客を獲得したい

契約

新規顧客の獲得で大切なことは「興味を持ってもらうためのきっかけ作り」です。消費者に見つけてもらい、興味をもってもらう。そして、行動してもらう理由を提示することがポイントになります。

消費者があなたの存在に気づかなければあなたが選ばれることはありませんので、まずは「見つけてもらうためには?」という切り口から考えてみるとよいでしょう。

既存顧客のリピートを促したい

カフェ常連

既存顧客はあなたとの関係性ができているお客様です。新規顧客の獲得とはアプローチ方法を少し変化させていきましょう。

おすすめは接触頻度を適度に保ちながら、再来店のきっかけを作るような情報発信をしていくことです。このことを鑑みながら以下に紹介する集客方法を見ていただくと「今あなたが何をすべきか?」についてイメージしやすくなることでしょう。

店舗やローカルビジネスのための代表的なネット集客方法

SEO

seo

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、直訳すると「検索エンジン最適化」のことを指します。SEO対策を適切に行うことで、見込客が対象のキーワードで検索した際に上位表示されやすくなります。

消費者がオンラインで何かを探したいとき、1番最初にすることが検索です。その検索するキーワードが上位表示されるように対策をすることで、消費者に見つけてもらいやすくなります。

例えば、あなたがリフォーム会社を営んでいたとします。消費者が「キッチンをリフォームしたいから業者を探そう」となれば「キッチン リフォーム」と検索するでしょう。その際に消費者は上位表示されているホームページやブログから見ていくケースがほとんどなので、上位表示されているほど、あなたのお店は見つけてもらいやすくなります。

このようにSEO対策しておくことで、より多くの顧客にアプローチすることが可能になります。地域ビジネスにおいては「ビジネス名称+地域名(例:歯医者 〇〇市)」での検索で、あなたのホームページやブログが検索結果に表示されるようしておくことが大切です。

MEOGoogleマップ対策)

Googleマップ

地域ビジネスではMEOGoogleマップ対策)は必須です。

例えば「美容室 〇〇市」「ラーメン 〇〇市」などと消費者が検索したときに検索結果に表示される地図エリア。ここに表示されることで集客のチャンスが広がります。そのためネット集客している店舗は「できることなら表示されるようにしたい」と思うわけです。

表示の仕組みは、ユーザーが検索したキーワードとの関連度や検索している場所からの距離などです。その他にも店舗などのビジネス情報を書き込むことのできるページがあり、その内容も考慮されています。それらの更新は「Googleマイビジネス」という管理ツール(無料)を使って行うことができ、上手に使えばユーザーとのコミュニケーションをとることもできるため、ぜひ活用したいものです。

SNSFacebookInstagramtwitterなど)

sns

ホームページやブログはユーザーが能動的に行動しなければ情報に触れてもらうことができませんが、SNSは違います。

SNSは気軽に情報発信やコミュニケーションができる媒体なので、繋がってさえすればユーザーがSNSのアプリを立ち上げるたびにあなたの情報に触れてもらうチャンスに恵まれるのです。運用する際は「あなたの顧客になり得る方がよく使いそうな媒体」を選ぶようにしましょう。

YouTube(動画)

動画にはテキストや画像と比べ物にならない程の情報伝達力があります。消費者にお店やスタッフの雰囲気が伝われば、それだけで好印象を得られることもあるでしょう。

また最近では「調べごとはYouTubeで」という層も少なくないようです。文字を読む必要がないことが人気の理由で、今後YouTubeを含めた動画コンテンツが求められるようになることは疑いの余地がありません。

しかし動画はやろうと思ってもすぐに良いものが作れるわけではありません。動画制作には慣れが必要です。今からでも遅くはありませんので、これからどんどん活用していきましょう。

LINE

スマホに入っているアプリNo.1といったら、なんといってもLINEでしょう。友達申請してもらう必要はありますが、ブロックされない限りは「情報を投げたいときに相手に送る」ことが可能です。

顧客と直接コミュニケーションをとることもできるツールなので、顧客との関係性を上手にとりながら集客している店舗は必ず取り入れています。

メルマガ

メルマガ

メルマガはインターネットが一般的になり始めたころから続いている集客方法で、事業者側からユーザーにメールを送信できる点がメリットです。

またメルマガを発行するということは、顧客のメールアドレスを持っているということにもなります。顧客を属性ごとにグループ分けして、それぞれに最適なメールを送ることも可能になります。

でも多くの手法が廃れていくなかで、どうしてメルマガは生き残っているのでしょうか?それは、反応率が良いからです。弊社もメルマガ経由で反応をいただくことは少なくありません。

ネット広告を活用したほうが簡単に集客できるケースも~店舗や地域ビジネスのための代表的なネット広告

広告

ネットビジネスを成長させている多くの事業者は、ネット広告を上手に活用しています。適切に運用すれば、チラシなどのオフライン広告と比べ物にならないくらいの効果を発揮するからです。

またきちんと設定をすれば、商圏に絞った表示エリアの指定も可能です。全く関係のない地域に配信され、無駄な広告費を払うという心配もおさえられます。

リスティング広告

リスティング広告は「ユーザーの検索したキーワードに合わせて、ユーザーの検索結果画面に表示させることのできる広告」です。

例えば『「飲食店 〇〇市」で検索したら、当店の広告を出してください。』のような設定をすることができますし、Googleマップ内にも表示可能です。SEOMEOと合わせて行うことでより多くの効果を期待することができます。

リスティング広告の広告費は、クリックされるごとに発生する仕組みになっています。関連性のあるキーワードを検索したユーザーに表示されるので、全く興味のない方には表示されにくいという点が最大のメリットです。

Facebook広告(Instagram)

Facebook広告を使えばFacebookはもちろん、Instagram利用者にも広告を表示させることが可能になります。

Facebook広告の最大のポイントは、細かな顧客情報に基づいた配信設定ができるところです。年齢や居住地はもちろん、このような興味や関心のあるユーザーに広告を配信するという設定をすることもできます。

店舗集客、ローカルビジネス集客の成功事例

いくらそれっぽいことを書いたとしても、結果につながらなければ意味がありません。そこで、「きちんと実践すれば成果につながりやすい」ことをイメージしていただけるよう、弊社でお手伝いさせていただいたお客様の事例をいくつか紹介させていただければと思います。

ホームページ公開後、新規顧客を50件獲得

新規獲得

弊社の特長が分かりやすく伝わるホームページを作ったことで、早い段階からメールや電話の問い合わせが入ってくるようになりました。メンテナンスが必要な時期の問い合わせも例年に比べてはるかに多かったです。

新規顧客は、部品などを納めてその後も継続して取引をさせていただけるようになっただけでも、20件以上ありました。スポット的な修理・メンテナンスを含めると、50件以上あると思います。

これまでは、新規で問い合わせをいただくということは、月にせいぜい12件あればいい状態でした。当然、新規開拓という営業活動は行っていましたが、新規で問い合わせが来ることはほぼ無いに等しい状況でした。

ホームページが「たくさん仕事をとってくる営業マン」のようになっている、と言っても過言ではないと思います。

私が会社を継いで、三代目になりますが、会長である父も、これだけの反応は想像以上だと驚き、とても喜んでいます。

インタビュー全文(新規顧客獲得50件!売上を増やすホームページができました。)

広告も上手にしながら売上3倍、スタッフ数も2倍に

もともとあったホームページは主に既存顧客向けで、新規のお客さんが来たことは、ほとんどなかったです。新規集客は、主にクーポンサイトの広告、ホットペッパーや地方雑誌、チラシなどでした。

しっかりインターネットの集客を実践したことで、潜在顧客にアプローチができて、新規顧客集客数で以前の4~5倍くらいの効果がありました。繁忙期の売上は約3倍、1年を通しても2倍にはなっています。

スタッフも2倍に増やしました。ホームページ経由での採用が一番多かったので、求人広告への出稿費用も抑えられましたし、採用のミスマッチも減りました。既存顧客もホームページを見てくれるので、リピート率も上がりました。

インタビュー全文(HP制作と広告運用を依頼したことで、売上は3倍、スタッフは2倍に!)

地域のケーキ屋さんがSNSとホームページを活用して店舗集客に成功

夫婦sns

ホームページを立ち上げて確実に数字が上がっています。同業者とクリスマスのケーキの話題になったときに、前年とさほど変わらないという話が多かったのですが、うちは去年とお客様の反応が全然違っていました。これもホームページを作ったからだと実感しています。ホームページ立ち上げから1ヶ月未満と短い期間でしたが、効果はすごいなと思いました。

今まで若いお客様がパラパラとしか来なかったのに、急に増えてきたのはホームページ、Facebookを見てきたとしか思えないですね。

ホームページを立ち上げてから3ヶ月目の2月に入ってからは、幼稚園連れのお母様が目立つようになりました。それに男の方の来店も増えました。奥様や娘さん頼まれたと言って、仕事帰りにケーキを買いに来てくださいます。 

Facebookの「いいね!」も500近くになったことからも、Facebookを見てもらえているのがはっきりとわかるので嬉しいですね。

インタビュー全文(ホームページとSNSを使った店舗集客の成功事例インタビュー)

いかがでしょうか?このような結果につながったら嬉しいですよね。しかしホームページを作ってSNSなどを運用するだけで、誰もが同じような成果が得られるかと言われると、決してそうではありません。

ですので、この記事をご覧のあなたが成果につなげられるよう、ここからは弊社が意識していることを共有いたします。

効率的にアプローチしたいなら最低限やっておきたいこと

ネットで店舗集客をするなら「対象者がどんな状態で情報を探しているのか?」をイメージしておくことが大切です。それに寄り添う導線を整えておくことで、集客をよりスムーズに行うことができるようになります。

マーケティング(売れる仕組み)の設計をしておこう

戦略

提供している商品やサービスにもよりますが、物によってはすぐ購入に至らないこともあるでしょう。また一度きりの利用で、リピートしてくれないということも考えられます。

そうならないよう、事前にどのように消費者に接触し、購入してもらい、リピートしてもらうかまで設計しておくことが、ネットでの集客を成功させるためのポイントです。

いわゆるマーケティングファネルというものですが、これが機能し始めると集客を計画的にできるようになります。そのため売上面でも安心です。

Googleマップに表示されていることは最低条件

グーグルマップ

店舗やローカルビジネスがネットで集客するための方法は複数ありますが、Googleマップに表示されていることは最低条件と言えます。なぜならビジネスの種類によっては、Googleマップの情報だけでも集客につながるからです。

もちろんホームページがあればより信頼度が上がり集客できるチャンスが増えますが、どちらが先かと問われれば、Googleマップの対策をきっちりやることのほうが大切です。

Googleマップ対策とは、ただお店の名前が表示されているだけではなく「メニューや詳細な情報が掲載されていて、情報が定期的に更新されていること」を指します。ですので、もしあなたがGoogleマップに表示されている情報を自分で更新したことがないと思うなら、それは対策しているとは言えませんのでご注意ください。

まずはGoogleマイビジネスに登録

もしあなたがGoogleマップに掲載されているご自身の店舗や会社情報を更新したことがないようでしたら、まずはGoogleマイビジネスに登録することから始めましょう。

まとめ

成功

いかがでしたでしょうか。店舗集客であってもネットが成功の秘訣です。今回の内容を参考に、ぜひネット集客を実践してみてください。

もしご自身で集客の戦略を考えたり、効果的なアピールポイントを探し出したりするのが難しい場合は、弊社でサポートさせていただくことも可能です。ご興味ございましたら下記よりお気軽にお問い合わせください。